産み分けゼリーを連続使用する意味はあるのかな

ベイビーサポートは産み分けをサポートするゼリーで、その産み分けの成功率を上げるためにはより多く使用する方がいいと思われている方がいるようです。

早く結果を出したい気持ちはわかりますが、連続してベイビーサポートを使用することはあまり意味がありません。産み分けの成功率を上げるためには、使用するタイミングも関係しているのです。連続使用するから、多く使うからといって成功率が高まるという結果はあまり無いようです。

成功率をあげるためには、まずは排卵日を正確に特定する事が重要なのです。
排卵日を正確に特定する事ができて、はじめて産み分けの成功率、確率を上げる事ができるのです。使用するタイミングもこの排卵日が基準になるのです。

そう言った意味からも、連続使用は確率アップに関係ないということがわかると思います。
ただ、それ以外に残してももったいないからという意味で連続使用されるのであればこんなキャンペーンもあるようです。ベイビーサポートを使用して妊娠できたら、余ったゼリーを1本1,000円で買い取ってくれるキャンペーンを実施しているようです。

これにはちょっとした条件があるそうなので、気になる方は公式ホームページをチェックしてみてください。

>>【ベイビーサポート】公式ショップはこちら<<

産み分けゼリーって副作用ないの?通販はあやしくない?

ベイビーサポートに限りませんが、妊活のためにゼリーを購入したり、使用したりする方が増えていると聞きます。
病院でも処方される場合がありますし、いまでは市販されていて一般の薬局やドラッグストアで購入できます。
もっとも、産み分けゼリーについては、ベイビーサポートのように通販のものしかないようです。

通販と聞くとちょっと「あやしい」とか「副作用」とか気になりますよね。確かに産み分け成功率ゼリーの中には海外生産のものもあり、製造過程がはっきりしていないものがあります。
身体に使用するもの…しかも赤ちゃんに影響するものですから、副作用などもってのほかでしょう。
少しでもあやしいと感じたら、購入は止めましょう。安全性の高い製品を使用する事が一番です。

そんな中でもベイビーサポートは、製造工場はクラス10,000以下のクリーンルームに最新鋭の機器を使用しています。一般的には医療業界向け製品の衛生環境下であって、病院の手術室での基準値になるほどの清潔な空間となります。そして当然の事ながら、日本製です。

あやしいとか、副作用が、危険そうなどの理由で敬遠することは必要ですが、おなじ通販でもその製品の製造過程が明解な製品であれば信用できるかと思います。
これについてベイビーサポートは、信頼にあたると思います。

>>【ベイビーサポート】公式ショップはこちら<<

産み分け成功率はタイミングも影響する?産み分けの実際について

ベイビーサポートは二種類あって各々ボーイとガールと名称を変えています、もちろん希望する性別のゼリーを使用することで効果が得られます。
例えばボーイであれば、ゼリーが膣内をアルカリ性に変え、ガールは膣内を酸性に変えます。このph値の偏りによって、男の子になる精子、女の子になる精子それぞれを選択的に残すことで産み分け成功率の確率を上げるのです。

ただし、100%ということはありません。ベイビーサポートを使う事で成功率は上がることはありますが、もうひとつの要因として使用するタイミングも大事なのです。

例えば、男の子を希望する人は、排卵日当日が使用するタイミングになります。酸性値は排卵日当日に最低になるといわれています、そこで酸性値をさらに下げることでY精子を応援するのです。ベイビーサポートボーイが膣内をアルカリ性に傾けることで、産み分け成功率の成功率を上げるのです。

逆に女の子を希望する人は、排卵日の2日前が使用する日となります。
排卵日2日前は、まだアルカリ性粘液の分泌が少なく、その状態にベイビーサポートガールを使う事で膣内が酸性に傾きます。Y精子は酸性に弱いため、X精子が残りやすくなります。これにより産み分け成功率の成功率が高くなるのです。

産み分け成功率の成功率あげるためには、使用するタイミングも必要となるのです。

>>【ベイビーサポート】公式ショップはこちら<<