産み分け成功率はタイミングも影響する?産み分けの実際について

ベイビーサポートは二種類あって各々ボーイとガールと名称を変えています、もちろん希望する性別のゼリーを使用することで効果が得られます。
例えばボーイであれば、ゼリーが膣内をアルカリ性に変え、ガールは膣内を酸性に変えます。このph値の偏りによって、男の子になる精子、女の子になる精子それぞれを選択的に残すことで産み分け成功率の確率を上げるのです。

ただし、100%ということはありません。ベイビーサポートを使う事で成功率は上がることはありますが、もうひとつの要因として使用するタイミングも大事なのです。

例えば、男の子を希望する人は、排卵日当日が使用するタイミングになります。酸性値は排卵日当日に最低になるといわれています、そこで酸性値をさらに下げることでY精子を応援するのです。ベイビーサポートボーイが膣内をアルカリ性に傾けることで、産み分け成功率の成功率を上げるのです。

逆に女の子を希望する人は、排卵日の2日前が使用する日となります。
排卵日2日前は、まだアルカリ性粘液の分泌が少なく、その状態にベイビーサポートガールを使う事で膣内が酸性に傾きます。Y精子は酸性に弱いため、X精子が残りやすくなります。これにより産み分け成功率の成功率が高くなるのです。

産み分け成功率の成功率あげるためには、使用するタイミングも必要となるのです。

>>【ベイビーサポート】公式ショップはこちら<<